トップイメージ

車の査定額を大きくするものには、クルマを売却時期、タイミングも関係があります。

こちらから店頭まで自分の車を運転して査定を依頼しなくてもオンラインで自動車店に車の査定の依頼にだせば簡易的に売値査定額を算出をすることができますが、あなたの車を多少でも高額で処分することを前提とすれば、数点のタイミングがあるんです。

どういったものがあるか考えるとまず、走行距離が挙げられます。

走行距離というのは車の売却料金の査定において重要な目安とされる指標のひとつとして認識されています。

どのくらいの走行距離で手放すのがベストかと言いますと、中古車の売却額査定に差が出てくる走行距離は5万kmと言われていますから、50000kmを超えてしまう前に、査定をお願いして引き取ってもらうのがよい言えます。

走行している距離が20000kmと70000kmでは普通は査定対象車の売買価格は評価がことなります。

次に車検があります。

周知の通り、車検というものは現金が必要ですので車検に出すまでの残月数が長いほど査定は上がると思うと思いますがそれは誤りで実際のところ車検時期がいつであろうと自動車の査定額にはあまり関係がありません。

これというのは実際にやってみるとよく理解できます。

車検に出す前は売り時としてもいいタイミングです。

つまり査定を吊り上げるために、車検直後に売却額査定を依頼しようとするのはお金と手間がかかるだけでたいしてプラスに働かないということになります。

その他に専門業者に車を売るタイミングとしては2月と8月が有名です。

なぜかと言いますと、自動車買取店の期末がその前の3月と9月というところがほとんどだからです。

なので例えば1月に売るよりはあとちょっと待って2月に中古車の査定をしてもらって売却するのも良いと思います。

あなたの事情もあるでしょうから、誰もがこのような機会に買い取ってもらうというわけにもいかないと思いますが、できるならこういった時期に売りに出すのが良い結果になりやすいと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.angel-dust.org All Rights Reserved.