トップイメージ

一般的な経験の浅い方向けのFXの本では、「損失が生じた時はナンピンをすることで、全体の買い付けコストをコントロールする」とアドバイスしていると思いますが正直に言うとここには相当大きな落とし穴が待っています。男 陰毛 脱毛

まずはじめに、ナンピンの仕組みについて簡単に説明しておきます。

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。

$(ドル)買いですので円安になるほど利益が大きくなるわけですが95円までドル安に向ってしまったとします。

このままの状況で保持し続けたとしたらマイナスをなくすためには損した分ドル高に向う必要があります。

誰もがみんな、損は可能な限り早く0にしたいと願うでしょう。

そのためはじめに取引したのと同じ量のドルを、1ドルを95円で取引します。

すると、ポジションのコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

つまり、2.50円の幅でドル高が進めば、マイナスを回復できる。

この流れがナンピンの手法です。

このように、ナンピンの手法をみると「ごもっとも」という考えになるが、為替は簡単には思うようにはいきません。

1ドル=95円が下限だとということなど、なんびともわからないのである。

例として、マーケットが相当に強い円高動向であるならば95円では下げ止まらずにより一層円高ドル安になるリスクが高いです。

1ドル=97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高になっとしたならば、ナンピンを入れたポジションも為替差損が生まれることになってしまいます。

その状態では、初めに注文したドルと同時にダブルで損失が生まれる事になります。

この例のように、ナンピンは一筋縄でいきません。

ならば、マーケットが自身の台本とは逆の方向にどんどん進んだ場合、どのような手段で危機の確率を避ければいいのでしょうか。

そういう時には選べる方法は多くはありません。

まずひとつめは潔く、ポジションを諦める事です。

もうひとりはその段階で、自分自身が保持している買いポジションを縮小することで、改めて為替相場が回復するのを大人しく待機する事だけです。

ちょっと大人しい手法だと思う方もいるkもしれません。

だが、自分が保持している買いポジションにマイナスが生まれた時妥当な方法はこれよりいいものはありえません。

無論、理屈の上では、ナンピンという対策もあるように思えます。

だがナンピンは損をしている状態で、買いポジションを整理するどころか買いポジションを積み重ねていく手段です。

この方法では、危険性を回避することなど、どうやっても無謀だと考えるべきです。

ナンピンを続ければやがては利益を上げられるかもしれません。

しかし、それより先にお金は足りなくなってしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.angel-dust.org All Rights Reserved.