トップイメージ

ローンに関しての引き落し方法はローン会社の方針に応じて差異があり、いろんなメソッドが取り入れられています。肌のくすみ 石鹸

一般的にはスライド法やリボルディング方式が多いみたいです。パーフェクト4500HOT 効果

そしてかかるほとんどの人が聞いたことがあるリボ払でも実のところ算出法に多くの方式といったものがあります。24/7ワークアウト梅田

ですからそんな形式によっては支払金額が違ってしまいますので、把握しておいて負担はないはずです。化粧崩れしない化粧品

じゃあ簡便にこの2つの様式の相違に関して説明しましょう。タマゴサミン

はじめは元金均等払いというもので、二つめは元利均等払いというものです。副作用について

それぞれ読んで字のごとく、元金についてを一様にして返済していくのと、元金と金利を全部で一様に支払っていこうという方法になります。コンブチャ クレンズ 販売店

今回はもし10万円キャッシングしたというふうに具体的にいかなる勘定をするのか試してみます。

利息についてはどっちも15%と仮定して算定します。

リボについての引き落としを1万円として算定します。

とにかく元金均等払いからです。

このような場合の1回目の支払は1万円に金利分の1250円を加えた支払いになります。

次回の返済については1万円に金利1125円を合計した引き落とし金額へとなるのです。

かくして全部で10回で返済を終えると言う手法です。

他方で元利均等払いとは1度目の支払いについては1万円でそこから元金へ8750円金利に1250円と言う具合で分配するのです。

その次の支払に関しては元金が8750円へと減った状態にて利息を勘定し、1万円を更にまた割り振るのです。

言い換えれば、元利均等払いの場合は10回で引き落しが完了しない勘定になってしまいます。

こればかりのへだたりで両者がどれくらい変わっているのかが十分ご理解頂けたことと思います。

元利均等とは元金均等に比較しまぎれもなく元が縮小するのが遅延していると言うウイークポイントがあったりします。

別のことばで言えば利子を余計に払うというような状況になったりするのです。

一方、はじめの支払いが小さな額で落着するという利点もあります。

斯様な返済形式などのずれに応じて、支払金額が違ってきたりしますので自分の計画に合った方針をするようにしていってください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.angel-dust.org All Rights Reserved.