トップイメージ
どこにでもある初心者用のFX投資の本では、「マイナスになったケースではナンピン買いすることで全体の平均の買い付け価格を小さくする事が出来る」等と述べられているが、現実的にはそこにはかなりの隠れたリスクが待ち受けています。はじめに、ナンピンの原理について分かりやすく述べます。仮定として100円で1ドルを買ったとします。ドル買いということで円安ドル高になるほど利益が出ますが不幸にして95円までドル安方向に向ったとします。この場合保持し続けたとしたら、マイナスをなくすためにはマイナス分、ドル高が進まなければならない。誰もが、損失は可能な限り早く戻したいと願います。この状況を乗り切るため最初に買ったのと同じだけの$を取引します。これで、ポジション全体の平均の買い付け単価は97円50銭まで下げることができます結果として、2.50円の幅で円安ドル高が進むと、損を失くすことが出来ます。それが、ナンピン買いの手法です。ナンピンの方法を目にすると、「確かに」と思ったりするが市場はそう簡単に思うようにはいきません。もとより、95円が下値だということなど誰も想像できません。たとえば、相場が相当に強い円高基調だったら、1ドル95円では下げ止まることなく、さらに一層ドル安が進む危険性が高くなります。仮定として、1ドル=97.50円でナンピンをするとしても1ドル=95円まで円高ドル安になったとしたらナンピンをしたポジションも損が生まれることになってしまいます。この状態では、初めに売買したドルとあわせて、ダブルで為替差損が生じます。それゆえ、ナンピンは一筋縄でいきません。ならば、為替相場が自分自身の台本とは逆の方向に素早く進んだ場合、いかなるやり方で危機をコントロールすればいいのでしょうか。この場面では取れる選択肢は多くはありません。まずひとつは執着しないで損失を確定する事です。ふたつめは、今、自分か所持している買いポジションを小さくする事で、もう一回相場がリカバリするのを何もしないで待機する事だけです。ずいぶん主体性のないやり方だとみる人もいるでしょう。だけど、自分が保持しているポジションに損が生じた場合、リスクが低い手法はこれ以上のものは考えられません。無論、理論上は、ナンピンを入れるという術もありえます。だがナンピンは自分かマイナスになっている状態で、ポジションを整理するどころかそれとは逆に買いポジションを積んでいく方法です。この方法では、危険を管理することなど、どこをどうやってもできない察するべきです。ナンピンを続ける事ができればその内儲けが出るかもしれません。だけど、その前にお金はショートしてしまうだろう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.angel-dust.org All Rights Reserved.