トップイメージ

FXについての面白いところは、一つの商品であるのに資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3種類の中からどれをセレクトするのかということにより投資の手法が大きく違ってくるということにあるのです。http://webmania.to

まず外国貨幣への投入の「長期の投資」について見てみよう。

長期投資とは一年以上の投資を基本にしているのです。

普通は為替レートで、一年以上も経過した後の為替の相場がが円高だろうか、反対に円安かどうかを予想するなんていうことは無理です。

現実的には「後の動きは考えられない」と思うのが本音です。

予想もできないことを頭を使って予言しようと努力してもそれは意味のない行為なのです。

そんなわけで他国の貨幣を買ったとして、その時点での価値よりも円が高くなったとしても、その差損分は待っていれば円安になるはずだという程度の感じで取引に向かうのが良いでしょう。

儲けを目指すことではなく別の収益言うなればスワップ金利で儲けるのを、一番最初の目的ということで投資しましょう。

当然ですが、少しの間に為替変動のマイナスが膨らんでしまうこともあります。

このため、こんな為替差損があっても困らないようレバレッジを少しで設定するのは重要です。

外国為替証拠金取引は損が一定金額以上に増えると、追加保証金(追い証)を払わなければならなくなったり、またはロスカットを置く必要があります。

ストップロス(ロスカット)になってしまったら即座に取引を終わりにする必要があり、長期のトレードが厳しくなります。

このような危険を回避するには、レバレッジ2?3倍に設定して取引することです。

第二に中期を狙った取引に関してです。

中期投資においては、長くて1?2ヶ月位先を考慮しての取引です。

為替トレードの時、だいたい1ヶ月ほど先のことはある程度、予想できるなケースが多いでしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などの世界的な議会の議題や、為替のトレードに参加している人たちがいかなるテーマに注目しているのかを確認すれば、だいたいの場合予測できるのです。

このような経済の基礎的条件を見つつチャートを見ることによって為替レートの動きを把握できるようになり買いポジションか売りポジションかを見極める方がいいと思います。

基本的に経済の状況とジャッジの両方で良い感じであり、またはどちらも買い傾向が同じであれば、まず判断した通りに動いていくと思って差し支えありません。

そこで持ち金を増やすことで大きい儲けを期待できるはずです。

3つ目に短期のトレードのコツ。

ここでの短期のトレードが指しているのは言い換えればデイトレーディングのことを示しています。

為替でデイトレーディングを行う際ファンダメンタルズはいっさい関わりがないと言い切れます。

なぜかというと次の日の為替レートの変化にファンダメンタルズは影響ないからです。

この時、狙いどころは注目される催しがあるとそれが影響して為替の相場が大きく動く時を見落とさないようトレードすることです。

例として、アメリカで雇用統計が公開されるまたは金融政策決定会合等により金利が動くほどのイベント。

こういった大事な機会に変わり様を逃してはいけないとの理由で、短期トレードは高度な知識が欲しいところである。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.angel-dust.org All Rights Reserved.