トップイメージ
「スプレッド」とは外為取引は通貨をトレードして差益を上げる商取引です。売買の注文の価格は変動しています。それが為替です。インターネットでニュースをみているとドルやユーロの為替レートの情報が流れる場合があります。よくあるのが「本のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを提示しています。別の表現をすると外為取引には買いと売りの両方の値が存在している事を表しています。売値、買値ではなく、BID、ASKと表現しているFX業者もあります。普通は買値よりも売値が安くなっています。私達が買うときには高く、売るときには安くなるものです。その差をスプレッドといい会社の稼ぎとなっています。スプレッドはFX会社によって変わります。スプレッドの広さは利用者にとって負担になるので狭いFX業者をセレクトするほうが優位です。ただ、状況によってスプレッドの幅は変化します。例として日常的には円とドルの組合せで1銭のスプレッドの差でも、マーケットの変動がとても激しい状況では1銭よりも大きくなったりする状況があります。そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同様に変わらないということが重要です。近頃では変化しないスプレッドの幅を見せるFX業者も数多くあります。現実に業者の売り買い画面の上で本当の為替レートをチェックしなければ区別できないのでやっかいですが、必要不可欠な事です。重要なお金を投入してエントリーするわけですから、本当のエントリーの前に、興味がある会社の新規取引口座開設を遠慮せずにして、示されているスプレッドの広さを確認しましょう。同じ通貨の組合せ、そのときの相場の状況によって、外貨のスプレッドの幅は変わることがあります。通常、銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッド幅が小さく、残りの通貨ペアではスプレッドの差が広がる事が多いです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.angel-dust.org All Rights Reserved.