トップイメージ
借入などの返済方式は金融機関それぞれで随分相違というものがあり、いろんなやりようが取り入れられてます。類型的なところでは残高スライド方式やリボ払い方法がとられているようです。またかような誰しもがご存知のリボルディングでも実のところ算出形式に様々な様式というものがあります。またさのごとき方式により支払金額が違ってきてしまうわけですから理解することで損をするようなことはないはずです。しからば簡単に2つのやり方の違いについて解説していきましょう。ひとつは元金均等払いで二つめは元利均等払いというものです。これらは読んで字のごとく、元本に関してを均等に返済していくという方式と、元金と金利を合わせて一様に返済していこうという様式です。今回のケースではたとえば10万円をキャッシングしたというふうに、実際どのような勘定をしていくのか試してみます。利子についてはどっちも15%というふうに試算します。それとリボ払についての金額は1万円とし試算します。先ずは元金均等払いのほうからです。かような折のはじめの返済は1万円に対して金利分1250円を足した額になります。その次の支払いは1万円に金利1125円を加えた額となります。こうして10回にて引き落しをお終いにするという手法です。一方元利均等払いとは1度目の引き落しは1万円ですがそこから元本へ8750円利率へ1250円という具合で割り振りをします。次回の返済は元金が8750円に減少した状態にて利子を算出し、その1万円からまた割り振るのです。いわば、元利均等払いのケースでは10回で支払いが完了しないといった算出になってしまいます。こればかりの相違で双方がどのくらい相異なっているのかがたっぷりと理解してもらえたでしょう。元利均等とは元金均等に比較して顕然と元が減少していくのが緩やかといった難点といったものが存在したりします。即ち金利というものを多く支払うといった状況になってしまうのです。反面、最初の支払いが少額ですむと言うメリットというものもあるのです。かくのごとき支払方式に関するずれにより、支払い合計金額というのが相違してくるのでご自分の嗜好に応じた使用法を採用するようにしていってください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.angel-dust.org All Rights Reserved.